偽AirPods Proを注文してみた。

amazonで偽AirPods Proを注文してみたのですが、、
注文内容は、
2020.3.28

まだ、発送はされてないようなのですが、、キャンセルはできません。ということです。
で、注文履歴を見てびっくり、こんなものに勝手に変わっていて、
2020.3.30

で、リンク内容に飛んでみたら、
https://www.amazon.co.jp/gp/product/B08547MMHN/ref=ppx_yo_dt_b_asin_title_o00_s00?ie=UTF8&psc=1
2999円の方へ飛びました。
これでキャンセルを出したのですが、、
これで2999円の方が来て、4999円落ちたら詐欺ですね。

2020.3.31
今度はこっちに変わっていました。もしかしてこれを売る手口か?呆れてしまうわ!

2020.3.31

“偽AirPods Proを注文してみた。” の続きを読む

Spotify VS. Amazon Music Unlimited 音質

まず、ビットレートですが、spotifyが最大320kbpsでamazonが最大256kbpsとなっています。が、320kbpsという記述もあったり、よくわかりません。

でも聴いてみたら愕然とします。はるかにspotifyの勝ち。

音の鮮度、S/N、歪み、透明度、全て勝ち。

iPhoneXsで聴いてみたもので、iPhone7でも同じ。イヤホンはNUARL NT01AXです。

spotifyに登録されていない楽曲はamazonで聴いています。(笑)

では、同じ楽曲をCDからiMacに落とし、AAC320kbpsに変換しiPhoneXsに転送したものを比べてみたら僅にCDが勝っていました。
でもこれは、元データが録音年代やプロデューサーによって違うのでなんとも言えませんね。
ハイレゾから320kbpsにコンバートしたものは似ている気がしました。

また、iPhoneはバッテリーを充電中ではなく、バッテリーのみで聴かないといけません。
Wi-Fiも切っときましょう。4Gのみの方が音が良い。
これらのバッテリー、Wi-Fiが守れていないと音質の判別が出来ません。

焦点合わせ!

FA3になり、高域が少し高いような気がしますので焦点合わせやって見ました。
っと、その前に、、ラックの裏の掃除(汗)きたなー!。10年分?マジで(汗)掻いた(笑)
聴かなくなったAirmacをかたずける、CDプレイヤーも聴かないんだけど、、、
スピーカケーブルですが、いつもはベルデン 8460 18GAの2.5mです。1mがたったの560円!(笑)
高域が少しきついと短くすると音域が下がるんです、これが焦点合わせです。録音の良いCDで声域に合わせます。楽器には合わせません。ということでベルデン8460を切っていこうと思いましたが、以前使っていたWE16で合わせてみようと思い繋いで見ました。長さは50センチ。音出ししてみると、なんか怖い!声が生すぎる。(笑)こりゃいかんということで、ベルデンでやることに。3センチ切って見ました、ベルデンでやるのは初めてなので、、というかちょっと切ってから繋いで音出しを繰り返す。大変な作業?3センチでやめてしまった(笑)これでもええ音してるからいいんです。(笑)ベルデンは少しエコー感がありアナログ的なんですよ。でもWEでバッチリ合わせてFA3の本当の音を聴いて見たい。

2019.9.26