TE-D01d VS. KZ S2

TE-D01dと、KZ S2を比べてみたのですが、

録音環境 iMac HDDから AIFF 24bit48kHz をAAC320kbpsにし、iPhoneXsに転送。
再生はiPhoneXs

クリアなのはKZS2、低域も力強いし深いところまで出ている。
S/Nは少しだけTE-D01dのほうがいい。でも楽曲が始まると気にならなくなる。

どうもあれですね〜ほとんどKZS2の勝ちなんですけど、再生時間はTE-D01dのほうが長いくらいかな。
KZS2って4000円と少しなんですよね、コスパ高すぎ〜!!

ところで、ドライバ構成(4BA1DD)がZS10Proと一緒のTWSであるCCA CX10を注文済みなんですけど、楽しみだな〜(笑)もう2週間経ってるけど大丈夫か?
2020.9.8
やっときたCCA CX10 やはりKZ系の音です。


白いほうがKZS2

“TE-D01d VS. KZ S2” の続きを読む

NUARL N6 Pro を注文しました。

ヨドバシで安くなっていたので注文しました。(笑)
14800円プラス、ポイント
NUARL N6 Pro

連続再生時間は11時間と十分ですね。
ケースとこみの再生時間は55時間です。
アナウンスが依然と爆音らしいですね。。

2020.4.15
来ました、NUARL N6 Pro
視聴環境は、iPhoneXs AAC

パッと聴いた感じですが、NT01 AX とそう変わらんじゃん!(笑)
こりゃええわ!という感じではないです。がくっ!!
エージングで変わることを祈ろう(笑)

お、低音が膨らんでないな!モニター音。

2020.4.16
一日、聴いてみた。NT01 AXと比べて全体にクリア、特にSoCが違うためか(3020)低域の階調がわかる。さすがProと謳うだけはある。
ちなみに、AVIOT TE-D01dと比べてみた!TE-D01dは中央により音場が狭い印象。やはり比べるのは酷である。

アマゾンでの値段

2020.4.18
クリアになってきました、少し馴染んできましたよ。セパレーションはいいですね、TWSはいいんだけどね。少し音量を上げ気味がいいみたい。好みはもうすこしだけ低域があったほうがいいかな。
Spotifyで聴いてるとよくわからないですが、iMacから転送したものは同じ320kでもクリアで気持ちいいです。

2020.4.23
安定してきたのかな?全体に音が細い!フラットに近い感じ?ですが、、値段相応かも?TWSだからかもね?

2020.4.27
NT01 AXにはもう戻れない!(笑)
全体的に線が細く感じるのは、エージング不足?なのか!

2020.4.29
イヤピを変えたら、ごりっとまではいかないが、定位が安定しよくなりました。

2020.5.8
ホームオーディオと比べてみました…..(笑)比べたらダメだ!(笑)
よくレビューとかで高域が伸びるとか書いてますけど、それはTWSと比べてであっての話。低音もしかり。
ホームオーディオでいう、1wayで聴いてるようなものだ。
音質は有線には勝てない。抜けの良い1wayだ!

2020.5.15
AVIOT TE-D01dとよく聴き比べてみた。AVIOT TE-D01dはまとまっていて聴きやすい。セパレーションはそれなりだが、ヴォーカルが前に出てくるし艶がある。というか全体にクリアである。ヴォリュームも少し大きい。価格は半分くらいなのでコスパは抜群なのですね。
N6 Proのイヤピはノーマルに戻しました。色々試していますが、こもっていることの方が多い。これは未だ当たりがついていないのか??このような感じなのかも知れませんね。
iPhoneXs AAC320k

2020.5.29
N6 Pro って少し余分な響きがありますよね。iPhoneの特性もありますが、AVIOT TE-D01dとかは少ないので。余分な響きでヴォーカルが曇りますよね、少しだけ。

2020.6.1
やっと私の耳にあうイヤーピースがありました。嫌な響きは音道が広いからと思い少し狭いもの、そして耳の奥に入るものがあるか色々試していました。ありました、昔聴いていたイヤホンDUNU-TOPSOUND DN-2000の付属イヤピ。これで当分聴いてみよう(笑)

2020.6.8
やはりヴォーカルが少し曇りますね。というか全体に曇っている。ヴォーカルだけだったらTE-D01dの方がクリア!N6Proがクリアなんて情報が溢れてるのが不思議。

NUARL N6 Pro

NUARL N6 Pro

“NUARL N6 Pro を注文しました。” の続きを読む