AVIOT TE-D01d

発売が発表された日に予約しました。AVIOT TE-D01d
で、昨日来て早速試聴してます。
音質ですが、全体に厚みがあり、中低域が少し膨らんでいます。
ケースは1800mAhもあるので何十時間も持つでしょう、それにスマホなどに充電も出来ます。便利だ!
グラフェンドライバーを使ってる割には金属的な音がしない。この辺りはNUARL NT01AXと違うところ。
NUARL NT01AXは細かい音の表現が得意。そしてクリア、立ち上がりも早い。その点、TE-D01dは普通、というか聴きやすい。あまり高音質を望んではいけない。完全ワイヤレスイヤホンでも普通に聴けるところがいい。私はiPhone7で聞いているのでコーデックはAACです、なのでaptXで聴いてみたい、また印象も変わるだろう。
仕様
ドライバー φ6mmダイナミック型
感度 91dB±3db
インピーダンス 16Ω
最大入力 5mW
搭載SoC Qualcomm社製QCC3026
マイク CVC8.0ノイズキャンセリング
防水規格 IPX4
バッテリー容量 イヤホン片耳50mAh/ケース1800mAh
通話時間 最大4時間
再生時間 最大9時間
充電時間 約2時間
対応コーデック AAC,SBC,aptX
対応プロファイル A2DP,HFP,HSP,AVRCP
充電ポート MicroUSB
Bluetooth version 5.0
Bluetoothマルチペアリング 3デバイス

AVIOT TE-D01d

AVIOT TE-D01d

NUARL NT01AXと比べてみたら、電池部分が多いのか高さが違う、幅と奥行きは同じくらい。仕様がよく似ていて同じ工場で作っているのか?
NUARL NT01AXとAVIOT TE-D01d

関連記事はこちら

コメントを残す